パーツ
進入
鋼管の製造過程は、鋼帯形状の板材をまず未溶接成型のローラーに通します。ローラーで圧延した後、パイプ状に成形された両側には、縦方向に細い直線の縫合面が形成されます。成形後の未溶接パイプを高周波感応コイルに通して加熱し溶接します。鋼管が高周波溶接されて冷却された後、整形してサイズを調整し、切断して完成品となり、包装されます。
Download
Index
 
Home
お問い合わせ
 
お問い合わせ
www.jengdar.com.tw
炭素鋼  /ステンレス鋼 /アルミチューブの製造原理
Download Catalog
進入
製品情報
会社紹介
トランジスタ式高周波炭素鋼溶接機
File name:JengDarCatalogEN-ZH.pdf
File size: 3.97MB
File language: Chinese and English
会社名: 鉦達機電科技有限公司
住所: 台湾省高雄市三民区807自由一路225号
電話番号: 886-7- 3927966
FAX番号: 886-7- 3802766
E-mail: jengdartw@gmail.com
ホームページ: www.jengdar.com.tw
 

(>more information)
鉦達について
 
会社紹介
トランジスタ式高周波溶接機は、通常交流電→直流電→交流電の高周波変換構造を採用しています。降圧変圧器とメインコネクターを通して、三相電源が高周波機器本体の整流器に送られます。整流器は三相整流を採用し、シリコン制御で整流(SCR)されて電源出力効率の大小を調整します。調整後の直流電圧は、電気フィルターを通して高周波モジュールに送られ、さらに高周波モジュールで単相高周波電源に変えられます。、その後、共振回路に送られ、高周波エネルギーの出力によって鋼管の溶接を行います。
当社はトランジスタ式高周波炭素鋼溶接機のパーツ・備品のほか、その他の溶接付属品も幅広くご提供いたします。
Skype Me?!
パーツ・備品
進入
炭素棒の仕様
備品
言語を選択してください Please select your language:
English, 繁體中文, 简体中文, 日本語,한국어
検索
繁體中文
簡體中文
ENGLISH
KOERA
日文
Jeng Dar Transistor High Frequency Carbon Steel Welder
JENG DAR ELECTRIC TECHNOLOGY CO.,LTD   Copyright 2010