炭素鋼  /ステンレス鋼 /アルミチューブの製造原理

鋼管の製造過程は、鋼帯形状の板材をまず未溶接成型のローラーに通します。ローラーで圧延した後、パイプ状に成形された両側には、縦方向に細い直線の縫合面が形成されます。成形後の未溶接パイプを高周波感応コイルに通して加熱し溶接します。鋼管が高周波溶接されて冷却された後、整形してサイズを調整し、切断して完成品となり、包装されます。

鋼管の製造過程は多くの連続する異なる製造工程で組成されています。製造過程や方法は、簡単に3つの段階に分けることができます。

  • 第1段階では、粗鋼を切断して製造可能な仕様状態にします。
  • 第2段階では、鋼鉄を徐々に1本の連続した生産線様式にします。
  • 最後に、お客様の仕様要求に従って溶接し、鋼管成形、調整後、切断包装されて完成品になります。

詳細な炭素鋼鋼管の製造過程は下図の通りです。

鋼管の製造過程
クリックすると拡大画像/スライドショーモード

Coil
1. 鉄鉱コイル

Slitting Line
2.切断機


3.鋼帯


4.巻戻し機


5.溶断機


6.鋼帯貯蔵機


7.成形機


8.成型機


9.トランジスタ式
高周波炭素鋼溶接機


10. ビード切除


11.冷卻


12.整形調整


13.パイプカッター


14.端末修正機


15. パイプ卸し機


16.包裝

 

炭素鋼鋼管の製造過程Video

音量注意!

 

鋁管の製造過程Video

音量注意!

鋼管製品の応用範囲

炭素鋼鋼管の製造過程は、鋼帯形状の板材をまず未溶接成型のローラーに通します。ローラーで圧延した後、パイプ状に成形された両側には、縦方向に細い直線の縫合面が形成されます。成形後の未溶接パイプを高周波感応コイルに通して加熱し溶接します。鋼管が高周波溶接されて冷却された後、整形してサイズを調整し、切断して完成品となり、包装されます。

 

繁體中文
簡體中文
ENGLISH
KOERA
日文
検索
Jeng Dar Transistor High Frequency Carbon Steel Welder